読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モコハン。

「問題の 答えは考えはじめた時すでに 半分以上出ている 。」というコンセプトでブログを書いています。ぶつかっている問題の解決策が見つからない、対策は考えたけれど、他の方法はないの?という方の後押しができればと考えています。

【学生必見】第二次友達作り戦争勃発?!キミの武器は?(後編)

謝罪とおさらい

 

前回はわたしのリア充告白により、多くの人の怒りを買ったわけですが……せめてもの償いに、皆さんがリア充の世界へ行くのを手助けできればと思います。

 

まだ(前編)をご覧でない方はそちらもご参照ください。

【学生必見】第一次友達作り戦争勃発?!キミの武器は?(前編) - モコハン。

 

ざっとおさらいをしますと、

自分はどのように友達を作ってきたか、リア充なのかコミュ障なのか。また自分を客観的に見れているか?自分の特徴や、性格はどんなか?

自分を知って、自分だけの武器を作っていこうという話でした。

 

どこかの個別指導塾みたいですが(笑)、さっそく本題に入ります。

 

 

一つの武器で三つの祝福

 

f:id:Pepeipei:20170320220738j:plain

 

まず “友達” というものをもう一度考えてみてほしいです。どんな存在で、どんな時に必要で、どんな時に喜びを感じ、友達にどうしてほしいか。できるだけ具体的に考えてください。考えながら次に進んでもらって大丈夫です。

 

武器を作るための方法は、大きく二つあります。

 

1.自分の持っている長所を生かす

ここでいう長所とは、前編で私が例で出した、「学力、体力、画力」などの特技や能力を指します。英語が話せる、計算がめちゃくちゃ早い、足がおかしいくらいに速い、絵がピカソ並にイっている、など、誰が見てもわかる能力を持っている人の周りには自然と人が寄ってきます。

 

 

2.自分のほしい友達になる

自分について考え、友達について考えてきました。そして今度は友達側に立って物事を見ていきます。自分がほしいと思っている理想の友達は、別の人もほしいと思っているはずです。なら自分がそれになればいいんです。

ただ勘違いしてほしくないのは、キャラを作ってなりきるという事ではないです。

 

しつこいくらい言っていますが、自分を見つめ直すと見えてくるものがあります。

そして私は “自分の弱点を知ってること” という武器を手に入れました。

私は優柔不断でした。ファミレスに行った時は、注文するものが決まるのはいつも最後。遊びの誘いに対する答えも曖昧で、他の予定が入りドタキャンすることも…。正直生活に支障がきたすレベルでした。

 

f:id:Pepeipei:20170320232322j:plain

しかし直す努力をしました。メニューを開いて一番初めに目に入ったものを頼む。(出てきたらそれ程食べたくないと思っていたものでもおいしくいただけるものです。)最初の誘いに乗ったら最後までその予定を通す。etc…

 

するとそれを見た新しい友達が、「君は判断が早いね」「応えがはっきりしていて気持ちがいいね」と、今まではマイナスだった特徴が、プラスの特徴に変わりました

さらに以前から付き合いのある友達から、「前より決めるの早くなったね」「どうやって優柔不断直したの?」と変化を感じ取ってもらえました。

 

 “自分の弱点を知ってること” という武器を手に入れたことにより、 “即決” という武器と “弱点克服の方法” という二つの武器を手に入れました。

 

-1(弱点)という存在に気付くことで(武器を手に入れ)、それを+1(長所)に変え、新しい武器を二つ手に入れました。

最初の自分+3になったのです。

 

 

どういう人に価値が生まれ、友達になりたいと思うか。それを考えて自分のマイナスを減らしプラスにすれば、自然と人が寄ってきます。

どんな武器を手に入れるかは人それぞれです。正解はありません。自分だけの武器を見つけてください。

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

↓↓オススメ記事↓↓

あたなが毎日頑張る理由は何ですか? - モコハン。

pepeipei.hateblo.jp

 

【学生必見】第一次友達作り戦争勃発?!キミの武器は?(前編)

 

合戦開始のほら貝はもう鳴っている!

 f:id:Pepeipei:20170320214515j:plain

 

4月から新学期!新しいステージに行くまでのこの期間はなんだか落ち着かず、そわそわ…そわそわ…。何回も何十回も見たカレンダーの、入学式を意味する赤い丸に囲まれた数字。

ああこの髪型で良いだろうか。どのパンツを履いていこう?ぞうきん二枚って必要だっけ、、?

 

いやいや、皆さんが一番心配されているのは、そう。

どこのぞうきんを持っていくか!

ヨーカドーのでいいかな?しまむらのだと子供っぽいかな……

 

と、まぁ冗談はこのくらいにして(笑)

 

与えられた時間はみんな同じです。一日30時間の人はいません。

そしてその時間を上手く利用し、すでに行動に移している人とそうでない人がいるのもまた事実です。

 

しかし遅すぎるということはありません!いまからでもやればいいのです!

 

 

自分はリア充かコミュ障かを見極めろ!

 

「友達なんて勝手にできる?気づいたらもう友達だった?おいおい笑わせんなよ、そんなのリア充のセリフだろ。コミュ障にはちとレベルが高すぎるぜ…。まあ調子がいい日ならいけるけどな…。」

 

という皆さんの声が聞こえます。

先に言っておきましょう。私はコミュ障です。が、しかし!学生時代はいわゆるリア充でした。1群のグループに所属し、文化祭などの行事に積極的に取り組み、部活はもちろん、学級委員も務め、生徒会にも所属していました。

 

ではなぜ、コミュ障なのにリアルが充実していたのか。

それは自分だけの武器を持っていたからです。

f:id:Pepeipei:20170320215809j:plain

 

皆さん、自分の武器はなんですか?

学力、体力、画力、顔、富、名声、、

様々あると思います。自分にはそんなものない?いいえ、気づいていないだけで皆あります。なぜか?

私は「皆さんの武器はなんですか?と質問をしました。なにも優れているところを言えだの、長所を言えだの特殊能力はなんだとかそんな話はしていません。

 

つまり何が言いたいかというと、自分を客観的に見れていますか?もっと簡単に言うならば、自分を知ってる?ってことです。

 

生年月日や身長体重からはじまり、口癖やよくする仕草、怒る時やときめく瞬間、どれ程知っていますか?周りの人の方が知っているかもしれませんね(笑)

一度自分を見つめ直してみましょう。

 

ちなみに私の武器の一つに “自分の弱点を知ってること” という武器があります。

その話は別記事(後編)で書きますので、よろしければそちらをご覧ください。

 

自分の武器さえ手に入ればあとは戦略を練って戦うだけで、ここまでくれば半分以上勝ったようなものです。

 

 

次回…

一つの武器で三つの祝福

 

 

後編へつづく、、

【学生必見】第二次友達作り戦争勃発?!キミの武器は?(後編) - モコハン。

 

↓↓オススメ記事↓↓

上司と喧嘩!仲直り必勝法が存在した!! - モコハン。

pepeipei.hateblo.jp

上司と喧嘩!仲直り必勝法が存在した!!

「コレやっておいて。」

『はい。(なんで自分ばっかり…)』

「あ!コレもお願い。』

『は、はい。(少しはこっちの事も考えてよね…)』

「そうそうコレも、、」

f:id:Pepeipei:20170319222919j:plain

『…ゴラァぁああ!!』

 

最初は我慢できていても、日々の生活で感じるイライラや、解消し切れないストレス等によって、怒りメーターが振り切れてしまう経験が皆さんにもあるのではないでしょうか。

 

今回は、そんなメーターが振り切れてしまい、実際に喧嘩にまで発展してしまった時の、仲直り必勝法をお伝えしたいと思います!

 

 

喧嘩をする時には、必ず喧嘩する 相手 がいますよね?少なくとも私が見てきた中で、自分自身と喧嘩している人はいませんでした(笑)

 

そしてほとんどの場合、その相手の言動に対して気に食わない事があったり、自分との意見のズレによって喧嘩に発展します。

 

つまり、〈想いが通じ合っていない状態〉、言い換えるならば、〈伝えたいことが伝わっていない〉ということです。

 

私達はいつも喧嘩の説明をする時、

「○○がこう言ったから、、」「□□が先にやってきたから、、」

と話しませんか?

 

しかし困った事に、相手も同じように「○○が先に、、」と話してくるではありませんか!笑

 

こうなったらもう誰にも原因がわかりません。もちろん喧嘩している張本人たちは、自分が正しいと思っているし、喧嘩中に主張が変わることはないでしょう。

 

そんな時、あなたには一歩下がって考えてほしい事があります。

 

f:id:Pepeipei:20170319223827j:plain

(あ、あの人は自分の思いを伝えるのが苦手なのかもしれないな…)

 

これだけです。そしてもう一度状況を把握してみると、、

 

①相手が自分に何かを伝えたかった

→②(自分が相手の要望とは別の解釈をして)相手にアクションを起こす

→③相手は、自分の願っていたものとは違うものが返ってきたので不快感を覚える

→④(相手は仕返しをようと)自分に喧嘩口調で意見してくる

→⑤自分は、いきなり喧嘩を売られたと思い、戦闘態勢に入る

 

お分かりいただけたでしょうか?自分は、ことの始まりが「」だと思っているので、相手が先にやってきたと主張し、(勘違いではあるものの)嘘はついていません。

 

しかし実際は、自分の行いに原因があったのです。

これはほんの一例ですが、もしかしたら皆さんにも当てはまっているのではないでしょうか?

安心してください。
この状況から抜け出し仲直りするための3つの方法をご紹介します。

 

 

1.直接相手に聞いてみる。
この時は喧嘩口調でいったらだめですよ(笑) どうしてそのような行動をとったのか、なぜそのような発言をしたのか、当の本人に聞くのが一番早く、また的確です。

 

2.相手に〈善(よ)い接し方〉をしてみる。

悪には悪で返してしまうものです。いいことをされて不快に感じる人はそういません。何かいいことをされたら、今度は何かしてあげたくなりますよね?それは相手も同じなのです。

 

3.待つ。
これは、先輩や上司など、自分からうまく話しかけられない相手に対しての対処法です。また、相手の怒りがピークに達していて目すら合わせてもらえない時も同様です(笑) 少し時間を置けば相手の怒りもおさまるはずです。頃合を見て相手の好きなお菓子でも持って行き、もう一度話す状況をつくりましょう。

 

 

これでだいたいの喧嘩はおさまるはずですが……また別次元の喧嘩があれば、その対処法も載せたいと思います(笑)

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

↓↓オススメ記事↓↓

【学生必見】第一次友達作り戦争勃発?!キミの武器は?(前編) - モコハン。

pepeipei.hateblo.jp